ファーストライン チャーリーの独り言 情報
ファーストラインUSA ニュース
戻る 過去の記事 BBS記事検索 サイト内記事検索 記事発信

エアストリーム
  >>2016年02月11日(木)   チャーリー塚本
今年の夏に向けて 1970年のランドヨット 18フィートを購入して デンバーから牽引してきました。 レストアしてヨセミテにキャンプに行く予定です。 しかし 内外装ともどんより感十分で相当な
時間と労力がかかりそうです。 気力がもつとよいのですが

>>記事内容を読む:
写真付記事はここをクリック!

バラコン レストア
  >>2012年12月09日(日)   チャーリー塚本
久しぶりに更新しようとしたら ラストの更新は4年前でした。
オリンピックも4年に1度ですので、世界のスピードに合致しています。
バラコンですが2月から新人が入社してくれてからレストア スピードが一気にあがりました。エンジンとトランスを載せましたので
来春には完成できそうなペースです。

>>記事内容を読む:
写真付記事はここをクリック!

今がチャンス
  >>2008年12月11日(木)   サイト管理者
すごい円高が進んでいます。
その上、アメリカは不景気で車の価格が下落!下落!の大合唱!
ガソリン価格も急落して、車好きにはたまらない状況。

今!
今ですよ!
アメ車を買うなら今しかない!

余裕のあるアメ車屋さんは、今、車を買い集めてアメリカの安い駐車場にストックしてます。
円安になったら、輸入して大幅に儲けようという流れですね。

ファーストラインUSAでは、業者様から個人の方の個人輸入まで全面的にバックアップします。
気軽に、イーベイのオークションででも好きな車を探してみてください。
英語がわからない?
ご心配なく。
出品者への細かな問い合わせや値引き交渉もさせていただきます。



アップルトン スポットライト
  >>2008年05月23日(金)   チャーリー塚本
40年代 50年代のアメ車にはこのスポットライトが定番ですね。ある方に頼まれ このスポットライトをレストアすることに
なりました。基本的には リクロームですが 内部に配線、ギャ
があるため分解し、それらを取り外す必要があります。
普段はなかなか見るチャンスの無い アップルトンの内部です。
このモデルは1950年代に製造されたものですが、この時代の
アメリカ製品は作りがしっかりしており、MADE IN USA に
誇りが感じられるアイテムです。

>>記事内容を読む:
写真付記事はここをクリック!

エアストリーム
  >>2007年11月06日(火)   チャーリー塚本
ようやく エアストリーム 高知に到着しました。
車内にアメリカ雑貨が大量に積載されていたので日本での税関検査に
丸1週間かかってしまいました。大阪港から 高知までは私の友人が
アバランチで牽引してくれましたので助かりました。
エアスリームのブレキーが故障していたので高知の山越えはエンジン
ブレーキ フル活用だったそうです。 ご苦労様でした。

>>記事内容を読む:
写真付記事はここをクリック!

バラクーダ レストア 11
  >>2007年08月21日(火)   チャーリー塚本
とりあえず足回りが組みつけら状態になったので仮にくみ上げて
みました。エンジンを搭載する際はKフレームごとサスペンションを取り外しKフレームにエンジンを据え付け、下から入れることになります。上から入れるとエンジンルーム内に多数のスクラッチが入ること必至です。デフは専門家にベアリング、シール類、バックラシュの調整をしてもらいました。
本来ならデフはディーナ60という9.25インチのギャサイズのデフがポイント高いのですが、私のは 8.75 インチの物です。
520馬力程度のヘミを搭載しますので デフがぶっ飛んだ時は
ディーナ60か70に変更します。 まだ先のことですけど。。

>>記事内容を読む:
写真付記事はここをクリック!

Barracuda Restoration 10
  >>2007年08月14日(火)   チャーリー塚本
なかなか時間がとれず バラコンいじれなかったのですが
ようやくエンジンルーム内部のペイントにこぎつけました。
オリジナルの色の Cautious Yellow で塗りました。
71バラクーダのみに存在した色です。
画像の色より実際は緑がかっています。蛍光ペンの色です。
目立つボディーに目立つ色、とどめは つや消し黒のビルボードをボディサイドに貼り付けて。。 気持ちばかりが先走ってしまいますね。。

>>記事内容を読む:
写真付記事はここをクリック!

31 フィート エアストリーム
  >>2007年07月29日(日)   チャーリー塚本
デラウエアからロスまで31フィートのエアストリームを牽引してもらいました。高知でレストランとして使用されるとの事。
ドライバーは72歳の海兵隊あがりのダグ氏。2900マイル (4660キロ)を3日で牽引してくれました。私も72歳まで
生きることができれば彼のようにバリバリの現役でいたいと切に思う次第です。本当にご苦労様でした。
ところでこのダグ氏風貌からしてどこの州の人間だかわかりますか?10ガロンハットにブーツ、完璧にテキサス人です。
英語ではテキサス人をちょいと小ばかにしたニアンスででレッドネックと呼びます。赤首者です。首だけが日焼けして赤くなってて、、止めときましよう。素晴らしい仕事してくれた方でした。
謝謝。

>>記事内容を読む:
写真付記事はここをクリック!

キャデラック 追加画像
  >>2007年07月27日(金)   チャーリー塚本
キャデラック 追加画像です。

>>記事内容を読む:
写真付記事はここをクリック!

69年キャデラック セビル コンバーチブルうりたし
  >>2007年07月27日(金)   チャーリー塚本
私の友人のビニー爺さんが69年 セビルを売りたいとのことですので掲載しました。レストアしたてなのでペイント、クロームも綺麗です。エンジンは472.3速オートマです。フロント パワーデイスクブレーキです。
エンジン、トランスとも リビルトしてから300マイル程度しか走行していません。気持ちよく走行できます。
ペイントは1年ほど前に全塗装していますのでピカピカです。
内装も前後シート、ドアパネル、ダッシュを人口レザーで張替え済みです。カーペットはロールスロイス用の材料で交換してあります。トップも新品です。開閉も油圧でスムーズです。パワーシートも作動します。
問題点はエアコンが不作動、電動アンテナが不作動、フロントガラスのワイパーキズあり。もちろん当方で修理してから発送いたします。価格は現状でロス港だし価格19800ドルです。
この程度でしたら日本の店頭価格400万円ぐらいはする車両だと思います。日本での乗り出し価格は概算で300万円程度に
なると思います。興味があればお知らせください。詳細お知らせいたします。


>>記事内容を読む:
写真付記事はここをクリック!

イーベイ詐欺 2
  >>2007年07月26日(木)   チャーリー塚本
またイーベイ詐欺に直面しました。
当社の顧客がバイクを落札したのですが、落札後に詐欺師が売主として
落札者にメールでコンタクトを取り、代金をせしめようとしたケースです。今回ももちろん、弊社のサポートで事なきを得ました。

以前にも似たケースがありましたが、共通の条件がありました。
それは初めてイーベイを利用した落札者を狙っているということです。
落札者のフィードバック スコア (評価)がイーベイ上に表示されていますが、初めてイーベイを利用した買主は取引件数 0と表示されます。 つまり イーベイの取引経験が無いということを詐欺師に対して晒していることになります。経験がないので詐欺師にとってはだましやすいということになります。
対応策としては イーベイで初めてアイテムを落札するときは
高額なアイテムを避け、経験を重ねてから高額アイテムを落札するよに
すると詐欺師からのコンタクトは減るはずです。

なんか変だなと思ったら、ご相談ください。
こういうことは、やっぱり経験がものを言います。基本的なことを押さえておけば、まったく恐れることはないことです。安心しておまかせくださいね。


バラコン レストア 9
  >>2007年07月10日(火)   チャーリー塚本
ボデイにグラスファイバーを貼り付け、サンダーで研磨。
さらに緑色のファイバー入りのパテを盛り付け再び研磨。
この緑色のパテもガラス素材の繊維が入っており、研磨の際
ガラス粉がとびちり、かゆいのなんの えらい事になりました。
このパテ、見た感じからして殺気だってますよね。。。
研磨の後、通常のパテを盛り、また研磨。さらに仕上げ用の
パテを盛りまた研磨。車体の後ろ半分はほぼペイントできる状態になりました。微妙なボデイーラインをよく再現してくれました。

>>記事内容を読む:
写真付記事はここをクリック!

バラコン レストア8
  >>2007年07月03日(火)   チャーリー塚本
日本の梅雨を避けて埼玉で板金屋をやってるヒデちゃんがロスに遊びにきました。時間あるならバラコンの板金できるとこまでやってくれない?と聞いたところ入魂モードでやると快諾してくれました。
パネル交換した繋ぎ目をファイバーグラスでカバーするところからスタート。豪快にファイバーグラスを盛り上げてくれたところです。この道18年。さすがに仕事速いです。



>>記事内容を読む:
写真付記事はここをクリック!

バラコン レストア 7
  >>2007年06月29日(金)   チャーリー塚本
今日はドア ヒンジのリビルトです。1971年の新車時から
現在まで、ドアの開け閉めは数万回に及んだはずです。
ヒンジはピンが貫通している部分がかなり磨耗してガタがありました。
この取り付け部分のガタはわずかでもドアの後ろでは増幅されますので
ガタを取ることは重要です。またドアとボデイーのちりあわせにも
影響してきます。地味な作業ですが、重要な部分です。
リビルトキットをイーベイで落札し、ピン穴を
大きくして カッパーのスリーブを挿入し ガタをとりました。




>>記事内容を読む:
写真付記事はここをクリック!

30 インチ ホイル
  >>2007年06月27日(水)   チャーリー塚本
ホイルはどこまで大きくなるのでしょうか。。。
ハマー用 30インチ ホイルです。
4本で $18,000 します。安い新車が買えてしまう値段ですね。

>>記事内容を読む:
写真付記事はここをクリック!

ガテマラ
  >>2007年06月26日(火)   チャーリー塚本
友人に頼まれ 1989年のヒノ トラックを売りに出しました。2日でヒット。走行24万マイルのボロ トラックですが
ガテマラ人が4900ドルで買っていきました。
8日かけてガテマラまでドライブして持ち帰るとの事。
途中 山賊に襲われないことを祈るばかりです。
古めの8トン車はほぼ例外なく中南米に流れていくようです。
右ハンドルでもよければ日本から送れそうですが。。。

>>記事内容を読む:
写真付記事はここをクリック!

04 ENVOY
  >>2007年06月26日(火)   チャーリー塚本
04 ENVOY 追加画像です。

>>記事内容を読む:
写真付記事はここをクリック!

バラコン レストア 6
  >>2007年06月16日(土)   チャーリー塚本
ブレーキを前後ばらし、へたった スプリング類を交換。
ディスクローター、キャリパー、ドラムなど重要部品はすべて交換。制動に自信ありって感じです。
オリジナルでパワーディスクだったのはラッキーでした。
この時代の4輪重ドラム ブレーキは本当に止まらないですよね。

>>記事内容を読む:
写真付記事はここをクリック!

バラコンレスア 5
  >>2007年06月10日(日)   チャーリー塚本
気を取り直してサビ仕様に仕上がったボディを再びサンドブラストしました。数ミクロン 鉄板が薄くなったのは否めませんが
仕方ありません。やっと自社工場に持ち込み、航空機用のサビ止め下地剤を吹き付けました。自分でスプレーしたのですが
作業中かなりシンナーを吸ってしまい、作業後半はシンナー酔い
状態でした。この仕事も自分でやるものではないということがわかりました。

>>記事内容を読む:
写真付記事はここをクリック!

04 GMC ENVOY 4 x 4
  >>2007年06月07日(木)   チャーリー塚本
ベルエアに住む富豪の友人がら8万ドルのキャデラック エスカレードを購入したので今乗っているエンボイを売りたいと連絡がありました。2004年 エンボイ 4X4 V8 3列シート
走行54054マイル。価格は横浜までの海運代を込みで
$22,000 です。 20インチホイル、ビレットグリル、デュアル
マフラー、リアスポイラーなど車体のほかに1万ドル程度 装備にお金をかけたそうです。テストドライブしてきましたが
ボディ、機関とも極上です。興味のある方はお知らせください。
詳細お知らせいたします。尚 この車両をお買い上げの場合
テニスコート、プール付きの市価30億円の彼の豪邸が付いてきます。嘘です。 

>>記事内容を読む:
写真付記事はここをクリック!