業者のみなさまのお手伝いも得意とさせていただいています。


































当社ではアメ車、バイクの個人輸入をお考えの皆様によりスムーズかつ安全に車両を日本までお届けするサービスをおこなっています。

個人でアメ車の輸入は難しいのではないかと思われがちですが、きちんとステップをこなしていけば困難なことではありません。
簡単ではありますがアメリカでの買いつけから日本でのナンバー取得までの流れをご説明いたします。 ご自分でできそうにないと思ったところはご相談ください。お手伝いさせていただきます。

買いたい車を探す

ネットの発達で 全米中の車両を検索できます。以下は代表的な検索サイトです。

イーベイオークション(オークションです)
コレクターカートレードオンライン
トレードオンライン
オートトレード
リサイクラー

バイク編
イーベイオークション(オークションです)
サイクルトレード

英語がよくわからなく 検索がかけられないときは ご一報ください。
無料で検索をして、候補の車をおしらせします。入札までご依頼される場合は、その時点でのオークション価格を内金としてお預かりします。日本国内の銀行口座ですので、振り込み手数料も安くすみます。


また、弊社に一任いただけば、車のフリーマーケットや同業者間の情報網で、ご希望の車をお探しすることもできます。ただし、この場合、購入が前提となります。いい車は足が速いので、お客様にその都度了解をとる時間がありません。つまり、車のコンデションなどは弊社の目でご希望のコンデションであれば、買い付けを行いますので、事前に前金で内金をいただくことになります。


車両の購入

この時点から当社の本格的なサービスが始まります。
ご希望の車両がみつかりましたら購入前にお知らせください。

当方で電話またはメールにて売主に連絡をとり、権利書の有無、ローンの有無、コンデション等の確認を致します。権利書のない車両は輸出不可です。

イーベイで入札をお考えの場合、ページ上の Title: が Clear と表示されているか確認します。仮に Title: が Other と表示されている場合は 権利書の無い車両ですので入札はお控えください。
イーベイの入札はお客様ご自身で行ってください。

当社では車両、バイクの購入は イーベイを強くお勧め致します。
その理由はイーベイ内での取引には自動的に上限$20,000までの取引保険がかけられているからです。代金を支払ったのに車両が届かないという最悪の状況が保険でカバーされています。

イーベイ以外の個人買付けでの購入に際しましては、当社としては取引に際して細心の注意を払い進めていきますが、万が一、上記の状況が発生した場合、FBI 等に被害届を提出致します。ただし、当社としては金銭的な保証は一切できないことをご理解願います。

もっとも過去17年間、1,000台を越える取引をしてきましたが、このような最悪なケースは幸いにも一度も発生していないことを付記しておきます。


車両のアメリカ国内陸送。

売主に対し支払いが完了したら アメリカ国内での陸送となります。

日本への車両の輸出はロサンジェルス港からの発送になりますので、購入車両をロスまで運搬することになります。
ロスまでの陸送費用はサバーバンサイズまでなら、$1,300 以下で運べます。バイクの陸送費は最大でも$750 までです。

陸送中の事故、盗難には 陸送会社の保険でカバーされますので安心です。陸送の手配は当社で行いますが、陸送費はお客様の負担となります。
陸送費用は距離により異なりますので、ご一報くだされば見積もり致します。引き上げ先が近郊の場合、当社スタップが自走で引き上げいたします。この場合でも、事故、盗難に対して当社の保険がカバー致しますので安心です。

車両の受け取り及び船会社への搬入、輸出通関。

車両が当社に到着致しましたら、船会社に当方で車両搬入致します。

同時に当社でアメリカ税関より輸出許可証を取得致します。これで輸出準備完了です。
この時点から1〜2週間で出港となります。それまでの間、車両は船会社の室内倉庫で保管されますので安心です。

横浜までの海運代は $950 になります。(07年4月時点)
海運代は日本での着払いとなります。また海運代とは別に日本到着時に荷おろし代が3万円前後加算されます。

日本到着時。

船が出港後、船会社から積荷書類が発行されますので 日本での通関に必要な書類を当社からお客様にエアメールにて送付させていただきます。

日本での通関はご自分でなされば無料ですが通関業者に依頼すると1万円程度の費用になります。通関時に消費税を支払い通関完了すれば引き上げ可能です。

港から自走で引き上げる場合は事前に市役所で仮ナンバーを用意しておく必要があります。

◎仮ナンバーを借りるときには、申請書に使用期間、使用目的、運行経路等も記入させられます。事前に車検場の予約など計画を立ててから申請してください。仮ナンバーの使用は一回限りのもので、許可を受けた車両、期間、経路以外に利用できません。
◎仮ナンバーを借りるときには、書類審査に下記のものが必要になります。
ア.申請者の印鑑(申請書押印のため)    
  ※法人名義で申請する場合は役職員(代表者印)
イ.自動車損害賠償責任保険証明書(コピーおよび領収書は不可)
  ※仮ナンバーの使用期間中に有効なものに限る。
  ※自動車損害賠償責任保険証明書は運行時、必ず携帯してください。
ウ.自動車を確認するための書類
  ・通関証明書
エ.申請者(窓口に来た方)の身分証明書…運転免許証など
オ.手数料  1回1件につき750円

車検の取得。

ナンバーを取得するには予備車検を受ける必要があります。
輸入車の予備車検は街中のワンデー車検とは検査内容がことなりますので経験のある予備検業者にまかせるのが得策です。

もし業者が見つけられないようでしたら、当社と取引のある業者を紹介させていただきます。

簡単ではありますがおおまかな流れを説明させていただきました。
当社のサービス内容はステップ1からステップ5の通関必要書類の送付まででございます。当社サービス費用は1台 1200ドル程度でございますが、サービス内容により多少の増減が発生しますので、詳細はお問い合わせください。

それでもちょっと、よくわからない、自信がないという方は気軽にご希望をお聞かせください。

お客様問い合わせフォーム

ファーストラインUSAでは、お客様の立場に立ったサービスを心がけております。どんなことでも結構です。できないことははっきりとできないと申し上げますが、できることは、とことん満足していただけるよう、お客様の手足になってお役に立ちます。
まずはお問合せください。心からお待ちし申し上げております。

※印の項目は記入必須です。書きもらいしのないようにお願いします。
お名前
メールアドレス
ご希望車種
ご希望年式
お問合せ内容




 
Copyright FIRST LINE USA CO.